ユング心理学1

ユング

催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!ユング心理学>ユング

  1. はじめに
  2. 催眠術の通信教育とは
マーフィーの法則実践の手引き
  1. マーフィーの法則 実践ノウハウ
  2. 恋愛・人間関係のテクニック
  3. ダイエットノウハウと自己暗示
マーフィーの法則と体験談
  1. マーフィーの法則     [マ]全9頁
自己暗示
  1. 自己暗示[自]全15頁
心理学
  1. ユング心理学[ユ]全4頁
  2. 恋愛心理学[恋]全22頁
催眠・自己暗示アイテム
  1. 催眠・自己暗示の本
  2. ゆらぎα波CD
心理学・催眠・自己暗示・マーフィーのコラム
  1. 心理学・催眠・自己暗示・マーフィーの法則のコラム
管理事項
  1. 相互リンク 大募集
  2. 自己暗示アドバイザー
  3. 連絡先
  4. 更新履歴・免責事項
  5. サイトマップ
直江の姉妹サイト
  1. 直江の恋愛心理学講座
自己暗示をかけろ
  1. お金持ちになりつつある
  2. ますます健康になっていく
  3. さらに才能が伸びていく
カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung)とは

 深層心理学の祖といってもいい人物です。
 フロイトが発見(命名)した無意識という概念をさらに広げてとらえることで、心(意識)の構造を明らかにしたと言っていいのでしょう。もちろん仮説なので、断定的にはいえませんが。

 ユングは、神秘主義的である、と批判する人もいるほど、神秘的なことを探求した人です。
 彼の卒論のテーマは
 「オカルト現象の心理学と病理学」
 であり、これをみても明らかです。

 彼の家族には、不思議な能力をもっていた人もいたようです。
 ユング自身も、オカルト体験を何度かしているようです。

 ところで、ユング心理学が魅力的なのは、神秘主義的だからではありません。
 自然科学のいう因果律では、説明つかない事実が確かに存在する、と認めた点にあります。
 そのオカルト的なことを、いかに科学者として表現するかに苦心して、ある程度、成功(?)したところがすごいのでしょう。

 -----プロフィール-----
 スイスの山村ケスビルに、1875年に生まれる。
 1900年にスイスのバーゼル大学を卒業。
 卒業後、チューリッヒ大学のブロイラー教授の助手となる。
 1907年、フロイトと親交を結び、かれの弟子となる。ユング32歳・フロイト51歳のときである。
 1912年、「リビドーの変遷と象徴」を出版し、フロイトとの考え方の違いを表明する。
 翌1913年、フロイトと袂(たもと)を分かつ。
 これより7年間、「魂の彷徨」といわれる時を過ごす。まるでユング自身が、精神病になったかのような状態になる。

 その後、積極的な著作活動が始まる。
 1921年、「タイプ論」
 1922年、「心理学的類型」
 1928年、「自我と無意識の関係」
 1929年、「黄金の華の秘密」
 1935年、「分析心理学」
 1936年、「心理学と宗教」
 1941年、「神話学入門」
 1944年、「心理学と錬金術」
 1951年、「変容の象徴」「ヨブヘの答え」「自然現象と心の構造」
 1955年、「結合の神秘」(1、2巻)
 1959年、「空飛ぶ円盤」
 1962年、「ユング自伝」

 1961年 6月6日 86歳で死去


ユング心理学
 1.ユング
 2.集合的無意識(普遍的無意識)
 3.夢診断
 4.共時性(シンクロ二シティ)
 コラム>マーフィーの法則と共時性


---- 参考資料 ----
臨床ユング心理学入門 著者 山中康裕
おすすめ度★★★★★ ユング心理学の概説書の中で、1番分かりやすい本でしょう。

無意識の世界 編集 河合 隼雄
おすすめ度★★★★★ 無意識という概念を説明する本。非常に読みやすく面白い。

タオ心理学―ユングの共時性と自己性 著者 ジーン・シノダ・ボーレン
おすすめ度★★★★☆ ユングの共時性という概念を、道教の「道(タオ)」という概念から説明している。

図解雑学 ユング心理学 著者 福島 哲夫
おすすめ度★★★★☆ ユングの思想を簡単に知るには、便利な1冊。

図解 深層心理が面白いほどわかる本―本当のことがホントにわかる! 
著者 渡辺 恒夫
おすすめ度★★★★☆ 深層心理をわかりやすく説明してある本。

自我と無意識 著者 C.G.ユング
おすすめ度★★★★☆ ユングの著作の邦訳。無意識について解説しなおすために書かれた本。
TOP
HOME

相互リンク集
心理学ジョセフ・マーフィーの法則潜在意識セミナーセラピー催眠その他おすすめサイト

(C) 催眠を知りマーフィーの法則を活かせ -fromes.info-