お婆さんの話〜信仰心?洗脳?

催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!心理学・催眠・自己暗示・マーフィーの法則のコラム>お婆さんの話〜信仰心?洗脳?

  1. はじめに
  2. 催眠術の通信教育とは
マーフィーの法則実践の手引き
  1. マーフィーの法則 実践ノウハウ
  2. 恋愛・人間関係のテクニック
  3. ダイエットノウハウと自己暗示
マーフィーの法則と体験談
  1. マーフィーの法則     [マ]全9頁
自己暗示
  1. 自己暗示[自]全15頁
心理学
  1. ユング心理学[ユ]全4頁
  2. 恋愛心理学[恋]全22頁
催眠・自己暗示アイテム
  1. 催眠・自己暗示の本
  2. ゆらぎα波CD
心理学・催眠・自己暗示・マーフィーのコラム
  1. 心理学・催眠・自己暗示・マーフィーの法則のコラム
管理事項
  1. 相互リンク 大募集
  2. 自己暗示アドバイザー
  3. 連絡先
  4. 更新履歴・免責事項
  5. サイトマップ
直江の姉妹サイト
  1. 直江の恋愛心理学講座
自己暗示をかけろ
  1. お金持ちになりつつある
  2. ますます健康になっていく
  3. さらに才能が伸びていく
 我が家の法事があったときのお坊さんの説法で、印象に残った話がありました。

 あるお婆さんの話です。

 こんなお話でした。

 貧しい格好をした、お婆さんがいました。
 食事も、粗末なものしか食べていません。
 どうやら、旅をしながら、三味線を弾いて、それを生活の糧にしているようです。

 そのお婆さんが、京都にある本願寺の山門で、長い時間手を合わせていました。

 その様子をみていた、本願寺のお坊さんは、密かにこう思っていました。
 「手をあわせるのは、関心じゃが、物乞いをされてはかなわんな。しばらく様子をみていたほうが、ようさそうじゃな」

 そう考えているやさきに、お婆さんは、とことこと、山門わきの木戸をくぐり中へ入ってくるでは、ありませんか。

 お坊さんは、そこへ、そっと声をかけました。
 「どのような、ご用件ですかな」

 お婆さんは、こういいました。
 「はい。お布施にまいりました」

 お坊さんは、はて?と首をかしげました。
 このような、身なり貧しい者が、お布施とは・・・。どういうこじゃろう。

 お婆さんは、腰にまいてあった、袋を差し出しました。
 それは、ずしりと重く、大量の銭が入っていました。

 お坊さんは、かなり驚きました。
 このような大金をもっているとは、想像もできなかったのです。
 それは、大金持ちの檀那衆が、時々、お布施をしてくれるような額だったのです。

 いったいどうしたら、このような金額をお婆さんは、ためることができたのでしょうか。

 お婆さんが語るには、
 わたしの楽しみは、本願寺さまに、お布施をすることです。
 それ以外のことは、どうでもいいのです。
 食事も、服も、最低限のもので十分です。
 念仏を唱え、
 手を合わせていると幸せなのです。
 なので、30年以上、そのような暮らしをして貯めてきたものです。もうさすがに、いつお迎えがくるかしれたことではないので、今日、お布施に参りました。

 お坊さんは、このお婆さんの信仰心に胸を打たれ、たいそう感動し、おしいただいて、ありがたくお布施をいただいたそうです。

 お婆さんは、晴れやかな笑顔で、大変満足そうでした。

 おしまい。


 さて、この話を素直に聞けば、信仰心に厚いお婆さんの話として、実に感動的なのですが・・・。

 もし、これが、今現在であれば、どうなると思いますか(笑)。

 もし、お婆さんに家族がいたら、家族はお婆さんになんというでしょう。
 おそらく
 「お婆ちゃん。だまされてはいけないよ。そのお寺は、お金が目当てなのよ。
30年もせっせとためた、お婆ちゃんの大切なお金じゃないですか。もっと大切に使うべきでしょう」

 そういって止めさせようとするのではないでしょうか。
 それでも言う事を聞かなければ、
 「変な宗教に洗脳された。ああ困った。」と思うのではないですか。(笑)



 日本人に、「布施」という概念はなじまない、とわたしは思います。

 法事や葬式で、お坊さんに、10万円をつつまなくてはならない、と聞けば、
 「なんでそんなに・・・」と思うでしょう。

 お坊さんに、お金をやらなくてはならいことが、イヤなのです。
 たとえ格式の高い、いかにも高僧という感じのお坊さんであっても、イヤなのです。

 「布施」という概念は、もともとはインドの宗教的な習慣です。
 インドでは、お坊さんに、財産(お金・食べ物・衣服など)を差し出すことは、当たり前になっています。
 お布施をしない人など一人もいません(たぶん)。

 なぜなら、それが、一般人(お坊さんではない人)の修行だからです。
 インド人は、輪廻転生という世界観の中で暮らしています。
 「人生」は「苦」であり、輪廻転生しつづけることは、「苦」からのがれることが出来ないということ。
 修行するのは、この輪廻の輪から、のがれるためなのです。
 修行が成れば、覚者となり、転生することはなくなります。

 そのため、布施という修行は、当たり前のようになされているのです。

 インド仏教学が専門の教授(私も学生時代、受講したことがあります)は、インドを始めて訪れたとき、こんな経験をしたそうです。

 まわりをたくさんの貧しそうな人たちに囲まれ、「お金をくれ」と物乞いされた。
 教授は「お金はない。道をあけてくれ」といいながら、囲みを突破しようとした。
 ある物乞いは、こう言った。
 「われわれは、あなたに、修行させようとしているのに、何故こばむのか?」

 これが、本来の「布施」という概念なのです。
 日本人には、なじまないでしょ。

 日本人は、一部の人を除いて、輪廻転生を信じていません。
 なので、布施という概念を納得することができません。

 まず、お坊さんに、お金をやらなきゃいけない理由を知らない人が、ほとんどです。
 また、分かっている人でも、輪廻を信じていないので、お布施をすることに納得がいかないのですね。

 こんな日本人に、よく仏教が根ずいたと感心する、今日この頃です(笑)。



コラム
 1.自己暗示とマーフィーの法則の違い
 2.美人は得か?ハロー効果
 3.「悪人同士は喧嘩にならない!?」法則
 4.自己暗示と習慣
 5.女性が100%喜ぶ?プレゼント
 6.マーフィーの法則と共時性
 7.お婆さんの話〜信仰心?洗脳?
 8.牽引の法則と「たんなる偶然」
 9.「誠実に対応すれば、友達ができる」は、ウソ!
10.知りたい情報を収集する

ユング心理学
 1.ユング
 2.集合的無意識(普遍的無意識)
 3.夢診断
 4.共時性(シンクロ二シティ)


---- 参考資料 ----
臨床ユング心理学入門 著者 山中 康裕
おすすめ度★★★★★ ユング心理学の概説書の中で、1番分かりやすい本でしょう。

無意識の世界 こころの科学セレクション  編集 河合 隼雄
おすすめ度★★★★★ 無意識という概念を説明する本。非常に読みやすく面白い。

タオ心理学―ユングの共時性と自己性 著者 ジーン・シノダ・ボーレン
おすすめ度★★★★☆ ユングの共時性という概念を、道教の「道(タオ)」という概念から説明している。

図解雑学 ユング心理学 図解雑学シリーズ  著者 福島 哲夫
おすすめ度★★★★☆ ユングの思想を簡単に知るには、便利な1冊。

共時性(シンクロニシティ)の宇宙観―時間・生命・自然  著者 湯浅 泰雄
おすすめ度★★★☆☆ テーマは面白いのだが、内容がイマイチ。共時性の概念を広げて考える役に立つ。

ユング 著者 A・ストー   訳 河合隼雄
おすすめ度★★★☆☆ ユングの思想を概説的に語っているが、やや分かりにくい。

ユングと共時性 著者 イラ・プロゴフ
おすすめ度★★☆☆☆ 河合隼雄氏の解説以外、なにが書いてあるのか理解不能。
TOP
HOME

相互リンク集
心理学ジョセフ・マーフィーの法則潜在意識セミナーセラピー催眠その他おすすめサイト

(C) 催眠を知りマーフィーの法則を活かせ -fromes.info-